FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『天使と悪魔』

 読んだの、随分前になるんですが……。
 映画が完成したので(新聞広告で見た)、今更ながら便乗ってことで。文庫化されて、すぐ買って読んだ覚えが。しかし、作中でラングドン教授はハリソン・フォードぽい、と書かれてるのに、何で映画ではトム・ハンクスなんでしょうねぇ。

 あの、今更言うまでも無く、超がつくほど有名な、『ダ・ヴィンチ・コード』の前作に当たる話で、ラングドン教授シリーズ第一弾ですが、文庫化はこっちのほうが後だったとゆー。
 これ読んでないと、どういう風にラングドンがコンクラーベに関わって有名になったか分からんじゃないか!

 
天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

 個人的には、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも、こっちのほうが面白かったと思います。時間制限ある中での、間に合うか!? 間に合わないか!? という、凄いはらはら感があったので。
 それにしても、同シリーズのせいか、どーしても『ダ・ヴィンチ・コード』と比べてしまうのですが、こっちはとにかく人が死にます殺されます。『ダ・ヴィンチ・コード』でも、勿論殺人あるし、どっちも殺人事件で幕を開けるのは同じなんですが、こっちの『天使と悪魔』の方が、何度もラングドン本人も殺されかけるので、緊迫感があると思います。最後の最後まで。
 『ダ・ヴィンチ・コード』は、どーしても最後の方で弛むというか。こっちは、最後まで弛んでない、気がする。
 そして。きっちり、引っかかりましたよ、ええ、ミスリードに。いい読者です。
 で、私、ずっと、フリーメイソンを「危ない秘密結社」だと思ってたので、その誤解も解けました。

 それはさておき。
 読者に対する印象付けって、本当に重要ですよね……。マクシミリアン・コーラーは、偏執的ともいえるほど科学を信仰し、カメルレンゴ・カルロ・ヴェントレスカは柔軟な思想も持つ、有能な教皇の侍従――って感じに。
 だからこそ、最後の大どんでん返し! が非常に効果的になるんですが。

 文庫の巻頭に、舞台となった場所の写真が載せられているのが、イメージの一助になってて良いですが、3巻分冊になってるから、とっつきにくい感が無きにしも非ずです。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

荒野龍輝

Author:荒野龍輝
 一応、オンライン小説書きと言っていいのか、憚られるのは今に始まったわけでもない今日この頃。活動期と倦怠期の差は、かのシャーロック・ホームズも真っ青の天性の怠け者。
 根っからのヲタクなので、言動がたびたび怪しい。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。