FC2ブログ

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『Shadow Saga』Chapter-2 終了

 何年前の話だ……。軽くめまいを覚えざるを得まい。
 本当に笑えないよ。

 
 ……ここまでこぎつけるのに、何年かかったんでしょうねえ。
 Chapter-1の終了は、2002年の5月でしたよ。
 次は三年後かい?(笑えねえ)

 『Shadow Saga』自体、オンラインに載せる前から、随分長いこと書いてる話なんで、何でこの章がこういう流れになったのか、正直覚えてないんですが(……)。
 確か、一章ごとにハッピーエンド、アンハッピーエンド、と交互にしよう、とか思ってたような 覚えがあります。が、一章のあれはハッピーエンドか……? いや、この二章も決してハッピーエンドじゃないですが。
 今にして思えば、主人公がいくら完璧超人に見えても、手が届かないこともある、っていうのが書きたかったのかもしれない、とか思ってみたり。
 とはいえ、自分はぬるくてなあなあの事なかれ平和主義者なので、あんまり痛かったり辛かったりする展開は、苦手で書けないんですけど(何処が? というツッコミが仮にあっても聞こえません)。お約束好きだし。
 だからまあ、ヘレナに関してはあんな結末になってしまいましたが、ハンスでああいう風に救いを持たせてみた、つもりなんですけど。
 人間とそれ以外の存在、ってのは前にも書きましたが『Shadow Saga』ではとかくレオンハルトにもカインにも関わってくるファクターなんです。レオンハルトは超人だ! と言われる男ですが、私は彼は人間だと思ってるんですけど。作者だけですか。

 ラストは、ちょっと噴飯ものの説教臭い感じがしますが。青臭いです。とにかく、原本の6話以降をもう少し上手くまとめられんか、と……一応、頭は捻ったんですが。当時はそんなに深く考えてなくても、時間が経つとリライトって本当に辛いですねぇ……。
 それにしても、異様に時間が掛かってしまうと、「やったー! 終わったー!」という爽快感よりも、「終わった……」という脱力感の方が強いですな……。

 さて、次章「滅びぬ夜の夢」は、似非吸血鬼ものですが、全面的に書き直すことが決定しているので、本当に三年後になったらどうしましょう。
 でも、ちょっとでもこの話を気に入ってくださった方がいる限り、投げませんから。……生暖かい目で見守ってやってください。

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

荒野龍輝

Author:荒野龍輝
 一応、オンライン小説書きと言っていいのか、憚られるのは今に始まったわけでもない今日この頃。活動期と倦怠期の差は、かのシャーロック・ホームズも真っ青の天性の怠け者。
 根っからのヲタクなので、言動がたびたび怪しい。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。