FC2ブログ
■読書記録

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『ジェネラル・ルージュの凱旋』

 東城大学付属病院を舞台にした、赤・青・黄の三部作、最後の一冊。文庫なので二冊に分冊ですが。タイトル通り、赤い表紙が印象的です。

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)
(2009/01/08)
海堂尊

商品詳細を見る


 そんでもって、青の『ナイチンゲールの沈黙』とほぼ同時進行の物語となっており、登場人物の行動や台詞が、一部クロスしています。『ナイチンゲール』でキーであった浜田小夜の友人である、如月翔子が、こちらでは大きくクローズアップされています。今時のおねーちゃん風キャラかと思いきや、青臭いほどの理想を抱えた看護師だったりするあたり、好感の持てる人物でした。
 こちらは、殺人事件は起こりません。ミステリーじゃなくて、純粋に(?)、大学病院を舞台にした、エンターテイメントです。
 作者が現役の勤務医ということで、それぞれ作中で現代医療に関する問題提起がなされているのですが(『バチスタ』はエーアイシステムの認知、『ナイチンゲール』は小児医療)、こちらは救急医療。昨今、救急病院のたらい回しなどが問題になっているのは、医療業務に携わることのない一般市民も知っていることです。
 どう考えても、24時間体制、365日勤務の救急医療現場が厳しいことは想像するまでもないことです。しかも、救急車をタクシー代わりに使う馬鹿野郎さまやら、夜間救急医療は、緊急のために存在するのに、昼間よりもすいてるからと、通常医療を受けるために悪びれなく訪れる人間、生活苦を理由にした医療費の踏み倒し、モンスター・ペイシェント……。その上に、医療に対する要求は異様に厳しくなり、患者の死亡はやれ医療過誤だと訴訟沙汰になる。あ、私は病院関係者じゃないですよ、ホント。念のため。大学病院の近所に住んでるだけです。
 で、赤字大炎上で、そりゃあもう厳しい状況にあり、ドクター・ヘリ導入を悲願とする東城大学付属病院救急救命センター部長、通称ジェネラル・ルージュこと速水晃一が、今回のキーパーソンなわけです。
 シリーズの語り部である田口公平医師の同期ですが、すでに部長職についているところからも分かる様に、万年講師の身分である田口とは違って(失礼な)、凄腕の救命救急医です。1人の人物としてみると、口の悪い傲岸不遜な暴君の一面がある一方で、医療に真摯に身を捧げ、チュッパチャップスを好物にしている可愛げがある、とても魅力的な人です。ありていに言えば、かっこいいです。ただ、この人の部下になったら堪らんだろうなあ……。往々にして、無能な上司も腹立ちますが、有能すぎる上司も、大抵、要求が高すぎて困るもんです。
続きを読む >>
スポンサーサイト

■『ナイチンゲールの沈黙』

 つい昨日、『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読んだんですが、まあ、まずはこっちを先に。話の構成上も。

 
ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
(2008/09/03)
海堂尊

商品詳細を見る


 『チーム・バチスタの栄光』の続編……というか、東城大学医学部付属病院を舞台にしたシリーズ、第二弾ってとこですね。帯には「田口・白鳥シリーズ第2弾」て書かれてるけど、田口の方には不本意そうなあおり文句です。
 全くの余談ですが、ちょっと細切れに読んでしまったため、一読目では、ちょっと、途中で登場人物があやふやになってしまいました。『バチスタ』の場合は、チーム内の話だったので、登場人物の把握がそんなに難しくなかったんですが。こっちは、色々な人が出てくるので。時々、登場人物表に戻ってみたりして。やっぱり、一気に読まないと駄目ですね。そして、『螺鈿迷宮』読んだ後にもう一度読むと、細かいところがかなり腑に落ちました。ああ、そういうことかって。

 一応、この話も殺人事件がありますが、本題はミステリーっていうよりも、病院を舞台にしたエンターテイメント小説、というか。病院内で色々絡み合い、反発したり同調したり、の、人間模様がメインですかね。
 この作者の特徴というのは、登場人物がかなり戯画化されているというところにあると思うんですが。上手いなーと思うのが、これ、自分の嫌いな人の特徴を集めて作ってるんじゃないの? というキャラクターの存在です。ちなみに、ええ、内山聖美医師とかね! 自分の同僚にいたら、絶対にむかつきそう(笑)。
 
 一読目の時は、前作の語り部であった、田口公平が脇役ポジション……と思っていたんですが、改めて読むと、ちゃんと要所要所で活躍(?)はしてるんですよね。
 しかし何というか、これ、殺人事件は発生するけど、被害者に同情する気が全く起こらないですよねえ……。
続きを読む >>

■『天使と悪魔』

 読んだの、随分前になるんですが……。
 映画が完成したので(新聞広告で見た)、今更ながら便乗ってことで。文庫化されて、すぐ買って読んだ覚えが。しかし、作中でラングドン教授はハリソン・フォードぽい、と書かれてるのに、何で映画ではトム・ハンクスなんでしょうねぇ。

 あの、今更言うまでも無く、超がつくほど有名な、『ダ・ヴィンチ・コード』の前作に当たる話で、ラングドン教授シリーズ第一弾ですが、文庫化はこっちのほうが後だったとゆー。
 これ読んでないと、どういう風にラングドンがコンクラーベに関わって有名になったか分からんじゃないか!

 
天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

 個人的には、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも、こっちのほうが面白かったと思います。時間制限ある中での、間に合うか!? 間に合わないか!? という、凄いはらはら感があったので。
 それにしても、同シリーズのせいか、どーしても『ダ・ヴィンチ・コード』と比べてしまうのですが、こっちはとにかく人が死にます殺されます。『ダ・ヴィンチ・コード』でも、勿論殺人あるし、どっちも殺人事件で幕を開けるのは同じなんですが、こっちの『天使と悪魔』の方が、何度もラングドン本人も殺されかけるので、緊迫感があると思います。最後の最後まで。
 『ダ・ヴィンチ・コード』は、どーしても最後の方で弛むというか。こっちは、最後まで弛んでない、気がする。
続きを読む >>

■『チーム・バチスタの栄光』

 順番おかしい(苦笑)。
 いや、『螺鈿迷宮』は読み終わったばっかりだったから。新鮮なうちに。
 そういや、『螺鈿迷宮』で、姫宮のビジュアルイメージがどーしても南海キャンディーズのしずちゃんになってしまったんですが。どーしてくれる。
 
 脱線。
 これはねー。やっぱり、主人公・田口公平の一人称で進んでいくところがうまいなーと思いました。いわゆる、ホームズシリーズのワトスン博士と同じ役回りなわけですが。そういや、ワトスン博士も医者だ。探偵役の白鳥が出てきて、田口が行った調査についてレクチャー? するくだりは、何となく「美しき自転車乗り」とか「バスカヴィル家の犬」とか連想してみたり。
 何せ、一人称なもんだから、個人の主観でものを見ることになるんですよね、どーしても。そうしたら、当然、読者は田口と同じ視点でものを見ることになり、どいつもこいつも怪しいよ! となるわけです。
 作者が現役勤務医ということで、医学用語とかばんばん出てきて、理解しようと思うと大変なのですが、そんなもん理解できなくても、十分にエンターテイメントとして成立していると思います。
 
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


 また、主人公の設定が、いわゆる、世間的にはエリートとみなされる、大学病院の勤務医でありながら、サボり魔で主流から大きく外れているあたり、読者に親近感を持たせやすい、つかみがいいですねー。
 それに反して、白鳥がまさに「傍若無人」そのもの、な感じですから、後半のスピード感はものすごいです。もーとにかく、ばっさばっさ切りまくる様は、ちょっと反感を覚えながらも、あそこまで言えたら、できたらいいなーって羨ましく思えなくもないです。

 しかし! しかしなのだよ!!
続きを読む >>

■『螺鈿迷宮』

 最近、あんまり本を買って読まなくなり、こりゃいかん! と思って、映画化もされた、『チーム・バチスタの栄光』を買って、読んでみました。場所とるから、ハードカバーじゃなくて、文庫で。
 で、こちらの『螺鈿迷宮』は、同じ作者によるやはり医療系ミステリーとカテゴライズされるお話ですが、『チーム・バチスタの栄光』、その続編である『ナイチンゲールの沈黙』とは少々、趣を異にした話です。
 いや、何も出版社が宝島社じゃなくて角川だから、とか言うつもりは無くて(苦笑)。

螺鈿迷宮 上 (角川文庫)螺鈿迷宮 上 (角川文庫)
(2008/11/22)
海堂 尊

商品詳細を見る


 ネタバレあるので、畳みます。
続きを読む >>

プロフィール

荒野龍輝

Author:荒野龍輝
 一応、オンライン小説書きと言っていいのか、憚られるのは今に始まったわけでもない今日この頃。活動期と倦怠期の差は、かのシャーロック・ホームズも真っ青の天性の怠け者。
 根っからのヲタクなので、言動がたびたび怪しい。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。